測定用器具

測定用器具について紹介します。

測定用器具

29—40 図の MD で電圧計の表示値が 150 mV を示した。 漏れ電流値[nA]はどれか。
  1. 15
  2. 75
    3.150
    4.300
    5.500
正解3
30—43 図の四端子法によって被測定線 R の抵抗を測定した。電流計の指針が 0.25 A、内部抵抗 1 MΩ の電圧計の指針が 0.05 V であった。被測定線 R の抵抗値[Ω]はどれか。
ただし、r1〜r4 は測定リードの抵抗および接続部の接触抵抗である。
1.0.1
2.0.2
3.0.3
4.0.4
5.0.5
正解2

31-42 JIS T 0601−1 で規定されている図の漏れ電流測定用器具(MD)について正しいのはどれか。
a.電圧計 V の入力抵抗は 100 kΩである。
b.R 1 と C 1 で遮断周波数 1 kHz の低域通過フィルタを構成している。
c.10 kHz、 1 mA の漏れ電流は 0.1 mA と評価される。
d.電圧計で 1 V と測定された場合、漏れ電流値は 1 mA とする。
e.R2 は 10kΩである。
1.a、b、c 2.a、b、e 3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e
正解4

31—40 定格 10 A の医療機器の着脱可能な保護接地線のインピーダンスを JIS T 0601−1 に基づいた電圧降下法で測定した。インピーダンスが許容値内であるときの電圧降下[V]の上限はどれか。
1.1.0
2.1.5
3.2.0
4.2.5
5.3.0
正解4

32-43 クランプ型電流計を用いて医療機器に供給される電源電流の測定を行うとき、図のクランプ部分に挟むのはどれか。
1.保護接地線
2.機能接地線
3. 2 本の電源導線
4. 2 本の電源導線と保護接地線
5. 2 本の電源導線のいずれか 1 本



クランプ型電流計は動線に流れる電流から発生する磁束を介して電流を検出するため、電源導線から電流を測定するためには2本の電源導線のいずれか1線の導線から測定する必要がある。
正解5

33—39 図の漏れ電流測定用電源ボックスでスイッチ S2 の用途はどれか。 

1.電源極性の切り替え
2.電源導線の 1 本の断線の模擬
3.保護接地線の断線の模擬
4.追加保護接地線の断線の模擬
5.患者誘導コードの切り替え


正解2

医用機器安全管理学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました