超音波診断装置

超音波診断装置について

超音波診断装置

超音波は20kHz以上の周波数の音波であり、気体、液体、固体中を伝わる。その速度は空気中では約340m/s、水中および生体内では約1500m/sであり、一般に硬いものほど速い。
超音波診断法は1MHz~30MHz程度の超音波を用いて、各生体組織の音響インピーダンスの異なった境界面における反射波を描出して画像化したものである。
組織
音速音響インピーダンス
1,4831,48×10^6
筋肉1,5701,70×10^6
脂肪1,4401,40×10^6
血液1,5001,60×10^6
3,3606,0×10^6
生体計測装置学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました