各種換気モードの要点

各種換気モードについて

各種換気モード

A/Cは量規定換気、または圧規定換気のどちらかのフローパターンで強制換気を送る換気モードである。
呼吸回数を設定するため、無呼吸患者においても設定回数は必ず強制換気が行われる。また、患者が吸気努力にトリガしたタイミングで呼吸回数を超えて強制換気が行われる。したがって、頻呼吸や浅速呼吸がある患者に用いると分時換気量が過剰となる可能性があるため、患者の状態に注意が必要である。

圧支持換気(PSV:pressure support ventilation)
同期式間欠的強制換気(SIMV:synchronized intermittent mandatory ventilation)

呼気終末気道陽圧(PEEP:positive end-expiratory pressure)
VCVPCV
一回換気量設定
圧損傷の危険
気道内圧設定
コンプライアンスによる



生体機能代行装置
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました