健常者の体液量の調節の仕組み

健常者の体液量の調節の仕組み

血液量が増加すると、心房壁が進展し、心房壁の心房細胞からナトリウム利尿ホルモン(ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチド:hANP)が分泌され、腎臓からの水分の排泄を促して血液量を減らす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました