体外式ペースメーカ

体外に一時的に設置するペースメーカー

①緊急に治療が必要な場合
②経過とともに完全に回復

が見込める場合に使用する。

カテーテル電極(リード)は、右鼠径静脈から挿入して、右心室に留置する。
5~10日程度連続使用できて、その間に植込み型ペースメーカーを挿入したり、正常なリズムに戻ればカテーテルは抜去する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました