人工肺の要点

生体機能代行装置学 体外循環装置 原理と構成 人工肺について紹介します。

人工肺

作用
人工の膜を介してガス交換を行い、炭酸ガスの除去と静脈血の酸素加を行う。 膜の形態
シート型:膜を支持版と交互に積み重ねたもの。市販されていない
フィルム型:薄い血液膜を作り、その表面でガス交換を行うもの。市販されていない
中空糸型 外部還流型 ← 主流
内部還流型
外部還流型内部還流型
血流中空糸の外側内側
圧力損失小さい大きい
使用主流使われない
血液の流れ乱流
多孔質膜:ポリプロピレン
均質膜:シリコーン
複合膜:ポリプロピレン+シリコーン、ポリエチレン+フッ素
非対称膜:ポリメチルペンテン ガス交換膜の特徴
期待透過係数膜厚物質移動係数
O2 CO2O2 CO2
ポリプロピレン2.2 9.22540000 34000
シリコーン600 32001006.2 31
ポリメチレンペンテン32 932564 186
血液ガス分圧調節
PaO2は酸素ガス濃度
酸素濃度あげる:PaO2上昇
下げる:低下 酸素ガス流量
ガス流量をあげる:PaCO2低下
下げる:上昇 ポリプロピレン多孔質膜 疎水性
膜厚は25μm
微細孔の大きさは 0.05μm
物質移動係数はシリコーン均質膜よりも高い 外部灌流型膜型肺
中空糸の外側:血液
内側:ガス
内部灌流型膜型肺は逆。現在使われない。 酸素濃度あげる:PaO2上昇
下げる;PaO2低下
ガス流量あげる:PaCO2低下
下げる:PaCO2上昇

生体機能代行装置
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました