神経系障害の症状

神経系障害の症状について

神経系障害の症状

29—15 交感神経系の緊張時にみられる作用はどれか。
a.散 瞳
b.気管支平滑筋弛緩
c.胃酸分泌亢進
d.腸蠕動亢進
e.膀胱括約筋収縮
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e


a.瞳孔は交感神経の働きで散大する。一方、副交感神経の働きで縮小する。
b.気管支平滑筋は交感神経の働きで拡張し、副交感神経の働きで収縮する。
c.胃酸の分泌は交感神経の働きで抑制され、副交感神経の働きで促進される。
d.腸蠕動は交感神経の働きで抑制され、副交感神経の働きで促進される。
e.膀胱括約は交感神経の緊張時には収縮する。
正解2



32-16 交感神経系の緊張時にみられる作用はどれか。
a.散 瞳
b.気管支平滑筋弛緩
c.胃酸分泌亢進
d.腸蠕動亢進
e.膀胱括約筋収縮
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e

a.散瞳は正しい。
b.気管支平滑筋弛緩は正しい。
c.胃酸分泌亢進は副交感神経。
d.腸蠕動亢進は副交感神経。
e.膀胱括約筋収縮は正しい。
正解2

臨床医学総論
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました