脳波計の特性

脳波計の特性について

脳波計の特性

27 脳波計について正しいのはどれか。
a.必要な周波数帯域は 5.0〜60 Hz である。
b.低域遮断周波数を規定する時定数は 0.03 秒である。
c.雑音レベルは 3.0 μVp-p 以下である。
d.A / D 変換時のサンプリング周波数は 200 Hz 以上である。
e.最大感度は 10 μV/mm である。
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e
正解4

32—27 脳波計測で電位変化の最も小さいのはどれか。
1.睡眠脳波電位
2.覚醒時脳波電位
3.聴性脳幹誘発電位
4.体性感覚誘発電位
5.視覚誘発電位
正解3

生体計測装置学 ME国家試験 MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました