安全対策

生体機能代行装置学 呼吸療法装置 安全管理 安全対策について

安全対策

29–67 V 3.4 と刻印されている酸素ボンベ内圧が 10 MPa ある。流量 6 L/分で酸素投与されている患者を搬送する場合、およその搬送可能時間[分]はどれか。
1 10
2 50
3. 100
4. 150
5. 200
正解2

33-67 調節換気において、人工呼吸器の異常と有害事象との組合せで誤っているのはどれか。1.弁の開放不全 圧損傷
2.呼吸流路の屈曲 換気の異常
3.呼吸回路内のリーク 低二酸化炭素血症
4.加温加湿器の停止 喀痰の硬化
5.吸入気酸素濃度の異常上昇 酸素中毒



1.弁の開放不全 圧損傷 正しい。
2.呼吸流路の屈曲 換気の異常 正しい。
3.呼吸回路内のリーク 低二酸化炭素血症 は誤りでリークがあると換気ができないため高二酸化炭素血症になる。
4.加温加湿器の停止 喀痰の硬化 正しい。
5.吸入気酸素濃度の異常上昇 酸素中毒 正しい。
正解3

生体機能代行装置
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました