画像診断法

画像診断法について

画像診断法

1超音波画像計測

1・超音波の基礎

2・超音波診断装置

組織 音速 音響インピーダンス
1,483 1.48×10^6
筋肉 1,570 1.70×10^6
脂肪 1,440 1.40×10^6
血液 1,550 1.60×10^6
3,360 6.0×10^6

2エックス線画像計測

1・

2・エックス線CT

3核磁気共鳴画像計測

1・MRI

特徴
軟組織のコントラストに優れ、空間分解能も高い
血流/消化液に関する情報が造影剤なしでも得られる
撮像手法や撮像パラメータの条件設定により、必要とされる情報を強調した画像を得ることができる
任意方向の断層像や3次元データが直接得られる
放射線被曝がない
形態情報だけでなく、ある程度の生化学的情報を得ることができる

4ラジオアイソトープ(RI)による画像計測

1・単光子断層法(SPECT)

2・陽電子断層法(PET)

5内視鏡画像計測

1・ファイバスコープ

2・電子内視鏡

 

 

 

生体計測装置学

ME国家試験

MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました