慢性局所反応

慢性局所反応について

慢性局所反応

32-89 生体埋植材料に対する生体の慢性反応はどれか。
a.石灰化
b.血液凝固
c.アナフィラキシー
d.補体活性化
e.カプセル化
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e


a.石灰化はリン酸カルシウムが沈着する慢性反応である。
b.血液凝固は血管の損傷や凝固因子の活性化をトリガーとする急性反応である。
c.アナフィラキシーはIgE抗体による急性アレルギー反応の一種である。
d.補体活性化は多種のタンパク質が関与して免疫細胞の活性化や細胞溶解を促進する。急性の免疫反応の一種である。
e.カプセル化は医用材料をい埋植した後に、コラーゲンを主成分とする皮膜で覆われる慢性反応である。
正解2


生体物性材料工学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました