血液の循環の要点

血液の循環について

血液の循環

短期圧受容器血圧上昇すると迷走神経を興奮させて血圧を下げる
化学受容体O2,CO2,pHを感知し血圧を上げる
中期動脈壁の緊張・弛緩血流量↑の場合血管が伸展し血圧を正常に保つ
レニン・アンジオテンシン性血管収縮アンジオテンシンⅡの作用で血圧上げる
毛細血管内外での体液の移動血圧↓は血管内へ、血圧↑は血管外へ体液移動
長期腎臓における体液量調節血圧、体液量で尿量を調節する
レニン・アンジオテンシン・アルドステロン(RAA)系アルドステロンが遠位尿細管で作用しNaと水の再吸収亢進させ、血圧上昇
バソプレシン(抗利尿ホルモン)バソプレシンが集合管に作用し、水の再吸収亢進させ、血圧上昇
医学概論
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました