AVG

バスキュラーアクセスについて

バスキュラーアクセスAVG

 

AVGの適応

1.前腕で AVF を作製することができない.
2.心機能上シャントの心負荷に耐えうる.
3.末梢循環不全を呈していない.

 

作製部位

1.AVG の植え込み部位は患者の状態,術者の技量,予想される透析期間により決定される.
2.植え込み形態はストレート型,カーブ型,ループ型が可能であり,植え込み部位により穿刺使用しやすい形態を選択する

 

 

 

 

人工血管の材質

人工血管の材質は ePTFE または PU が主体

 

バスキュラーアクセス

透析トップページ

MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました