植え込み型ペースメーカ

植込み型(恒久式)ペースメーカ

永続的に使用するペースメーカーで、胸壁に本体を埋め込む。

カテーテル電極(リード)は、鎖骨下静脈から挿入し右房と右室(心尖部)に固定される。ペースメーカー本体は、皮膚を4~6㎝切開して皮下に作ったポケットに埋め込む。

コメント

タイトルとURLをコピーしました