急性腎不全の治療

急性腎不全の治療について

急性腎不全の治療

29-18 急性腎不全の治療として適切でないのはどれか。
1.体液量の維持、管理
2.血圧(腎灌流圧)の維持
3.電解質・酸塩基平衡の管理
4.高蛋白食による補充
5.腎毒性のある薬剤の中止

1.体液量の維持、管理は重要であり、乏尿期には水分摂取制限とループ利尿薬の使用、多尿期には水分補給を行う。
2.血圧の管理は必須であり、低血圧に対しては昇圧薬を、悪性高血圧などの高血圧には降圧薬を使用する。
3.電解質・酸塩基平衡の管理は、高カリウム血症にはカリウム摂取制限やカリウム吸着薬の使用し、代謝性アシドーシスには重炭酸ナトリウムを使用する。
4.タンパク質は摂取制限を基本とする。
5.腎毒性のある薬剤の中止は原因治療として必須である。
正解4

30-16 急性腎不全に対して透析を開始しなければならないのはどれか。
a.BUN 100 mg/dL
b.血清 HCO3- 12 mEq/L
c.血清クレアチニン 8 mg/dL
d.動脈血 pH 7.35
e.血清 K+ 5 mEq/L
1.a、b、c 2.a、b、e  3.a、d、e 4.b、c、d 5.c、d、e


正解1

31-19 長期透析患者にみられる合併症でないのはどれか。1.腎性貧血
2.アミロイドーシス
3.二次性副甲状腺機能低下症
4.活性型ビタミン D 欠乏
5.掻痒症
正解3

臨床医学総論
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました