輸血副作用

輸血副作用について

輸血副作用

29-25 輸血用赤血球製剤に放射線照射をする理由はどれか。
1.赤血球の機能を増強するため
2.血漿中のウイルスを不活化するため
3.移植片対宿主病(GVHD)を回避するため
4.赤血球凝集を分散させるため
5.赤血球型物質を減少させるため


移植片対宿主病(GVHD)を回避するため。輸血されたリンパ球が体内で増殖し、患者のHLAを異物と認識して、皮膚、肝臓、消化器、骨髄を攻撃する。発症すると有効な治療法がない。リンパ球が混入しうる血液製剤には全て放射照射がなされる。
正解3


31—24 血液製剤の有効期間として正しいのはどれか。
a.赤血球濃厚液( 2 〜 6 °C)               21 日間
b.洗浄赤血球( 2 〜 6 °C)                 洗浄後 7 日間
c.血小板(20〜24 °C)                       6 時間(振盪保存)
d.新鮮凍結血漿(-21 °C 以下)           10 日間
e.グロブリン製剤(10 °C 以下)          2 年間
1.a、b2.a、e  3.b、c 4.c、d 5.d、e
正解2

臨床医学総論
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました