院内感染 (病院感染)

院内感染 (病院感染)について

院内感染 (病院感染)

スタンダードプリコーション(標準予防策)
手指衛生:目に見える汚染がある場合は石鹸を用いた手洗い、汚染がない場合は速乾性乾性擦式アルコール製剤を用いる
個人防護具:手袋、マスク、アイプロテクション、フェイスシールドを装着して、皮膚や粘膜を血液・体液の接触や飛沫から防護する
呼吸器衛生:咳やくしゃみなどの兆候がある場合に、ティッシュで鼻や口を覆い、可能であれば、外科用マスクを装着する
環境整備:ベッド柵やドアノブなどの高頻度接触面の清掃を行う
血液媒介病原対策:針やメスを取り扱う際は、手袋をし、先端を身体に向けない、両手で取り扱わない、リキャップしない、耐貫通性専用廃棄容器にいれる、B型肝炎抗体のない医療従事者には、積極的にワクチン接種の推進が望ましい
患者の病室:周囲環境を汚染する危険性の高い(分泌物の飛沫など)患者や、衛生管理に協力できない患者は、個室病室に配置する
臨床医学総論
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました