高圧ガス保安法

高圧ガス保安法について紹介します。

高圧ガス保安法

31—42 高圧ガス保安法におけるガス容器の貯蔵に関して誤っているのはどれか。
1.転倒を防止する措置がある。
2.周囲温度は 40 °C 以下である。
3.気密性が保たれた場所である。
4.充塡容器と残ガス容器が区別できる。
5.可燃性ガス容器は種類ごとに区分して置く。
正解3

32—42 内容積 10 L の酸素ボンベの圧力調整器が 5 MPa を示しているとき、酸素ガスのおよその残量[L]はどれか。
50
150
200
500
5. 1500
正解4

33-45 医療ガスと高圧ガス容器保安規則で定める塗色との組合せで正しいのはどれか。
1.ヘリウム ねずみ色
2.空 気 黄 色
3.酸 素 緑 色
4.窒 素 青 色
5.二酸化炭素 黒 色

正解1

医用機器安全管理学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました