ネットワーク

ネットワークについて紹介します。

ネットワーク

30-60 インターネットからの不正アクセスを防ぐため、インターネットとローカ ルネットワーク間に設置する仕組みはどれか。
1.スイッチングハブ
2.リピータ
3.ウィルスチェッカ
4.ファイアウォール
5.電子認証システム


正解4

30—59 標的型攻撃メールによる被害を防ぐ方策として効果がないのはどれか。
1.電子署名の利用
2.Web メールの利用
3.利用者の教育・訓練
4.ウィルス対策ソフトの導入
5.ソフトウェアアップデートの実行
正解2

29—58 正しい組合せはどれか。
a.CSMA/CD 電子メール
b.HTTP イーサーネット
c.FTP ファイル転送
d.TCP/IP インターネット
e.SMTP/POP ウェブページ
1.a、b 2.a、e 3.b、c 4.c、d 5.d、e
正解4

29-59 使用しているパソコンで、コンピュータウィルス等の不正なソフトウェアが動作していると考えられる。
使用しているパソコンの初動対応として最も適切なのはどれか。
1.パスワードを変更する。
2.ネットワークから切断する。
3.USB メモリにファイルをバックアップする。
4.システムソフトウェアのアップデートを行う。
5.ウィルス対策ソフトを用いてシステムのスキャンを行う。
正解2

31-60 ランサムウェア対策として効果がないのはどれか。
1.ファイルはすべて暗号化して保存する。
2.不審な添付ファイルのついたメールは削除する。
3.ウイルス対策ソフトの定義ファイルを更新する。
4.OS を更新し脆弱性を解消する。
5.重要なファイルは定期的にバックアップしておく。
正解1

31—59 コンピュータネットワークに関係する用語と説明との組合せで誤っているのはどれ。
1.TCP/IP    インターネットで用いられる標準プロトコル
2.FTP        ファイル転送のためのプロトコル
3.HTTPS    通信内容を暗号化した HTTP プロトコル
4.SMTP     ネットワーク管理のためのプロトコル
5.POP       電子メールをサーバから取得するためのプロトコル
正解4

32—58 外部からの不正アクセスを防ぐ目的で、インターネットと内部のネットワークやシステムの間に置く仕組みはどれか。
1.スイッチングハブ
2.ウイルスチェッカ
3.ファイアウォール
4.SSL(Secure Sockets Layer)
5.スパイウェア
正解3

33—58 IP アドレスについて誤っているのはどれか。
1.IPv4 は 8 ビットごとに 192.168.100.1 のように表記している。
2.ネットワークアドレス部とホストアドレス部で構成される。
3.グローバル IP アドレスは各国の政府機関で管理されている。
4.LAN 内のみで使えるアドレスをプライベート IP アドレスという。
5.枯渇に対応して 128 ビットの IPv6 への移行が進められている。

正解3
33—59 正しいのはどれか。
1.データのバックアップは情報漏洩の防止に役立つ。
2.共通暗号方式ではが漏れてもセキュリティ上問題ない。
3.情報セキュリティにおける完全性とは、情報が正確で改ざんされていないことをいう。
4.オープンソースソフトウェアは、セキュリティ確保のためには使用すべきではない。
5.院内ネットワークにファイアウォールが導入されていれば、個人の PC を自由に接続してよい。

正解3

医用電気電子工学
ME国家試験
MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました