腎性貧血治療薬

スポンサーリンク
腎性貧血治療薬

腎性貧血治療薬




・ESA
・HIF-PH阻害剤
・鉄剤
一般名商品名
エポエチンアルファエスポー
エポエチンベータエポジン
ダルベポエチンアルファネスプ
 ダルボポエチン
エポエチンベータペゴルミルセラ
  
ロキサデュスタットエベレンゾ

腎性貧血の定義

腎臓においてヘモグロビン(Hb)の低下に見合った十分量のエリスロポエチン(EPO)が産生されないことによって引き起こされる貧血

EPOとは

赤血球の産生に必須のホルモンであり、主に腎臓の尿最近周囲の間質に分布する細胞から産生されます。

・ESA

エポエチン
ネスプ  週1回
ミルセラ 2週に1回もしくは4週に一回 半減期が長い

・HIF-PH阻害剤

エベレンゾ(ロキサデュスタット)
作用機序

・鉄剤

フェジン


———————–
透析トップページ
MEトップページ
参考
エベレンゾ エベレンゾ添付文書
医療用医薬品 : エベレンゾ (エベレンゾ錠20mg 他)
HIF-PH阻害薬, 腎性貧血治療薬; 総称名:エベレンゾ; 一般名:ロキサデュスタット; 販売名:エベレンゾ錠20mg, エベレンゾ錠50mg, エベレンゾ錠100mg; 製造会社:アステラス製薬
エベレンゾ企業ページ
全編(HIF-PH阻害薬 ロキサデュスタットの作用機序) | 領域情報 | アステラスメディカルネット
【腎性貧血】の「全編(HIF-PH阻害薬 ロキサデュスタット(HIF-PH阻害薬 ロキサデュスタットの作用機序)」に関する情報を提供しています。アステラス製薬の医療関係者向け情報サイト Astellas Medical Net アステラスメディカルネット

コメント

タイトルとURLをコピーしました