ERCP 内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査

ERCPについて紹介します。

内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査 ERCP

胆汁や膵液が流れ出る部位を十二指腸乳頭という。内視鏡を使って十二指腸乳頭へと向い、そこへ細いチューブを挿入していき、胆管および膵管に造影剤を注入し、管の形態や管の中の状態を撮影。造影後、病変等があれば治療(ERBD・ENBD・EST、EPBD)を行う。

適応

胆道や、膵管に形態異常が見られる疾患
乳頭機能不全、乳頭部癌、胆道癌、胆石症
閉塞性黄疸を認める場合

禁忌

 

 

 

 

内視鏡トップページ

MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました