甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)について

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

 

概要

甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることによって、さまざまな症状が現れた状態です。具体的には、脈が速くなる、疲れやすくなる、眼球が前方に突出して目が大きくみえるなどの症状がみられます。

甲状腺機能亢進症は、バセドウ病やTSH産生腫瘍などによって起こります。女性に多い病気であり、10〜20人に1人発症する。

 

 

PCIトップページ

 

MEトップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました