臨床工学技士の業務

スポンサーリンク
臨床工学技士は医療機器の専門医療職です。病院内で、医師・看護師や各種の医療技術者とチームを組んで生命維持装置の操作などを担当しています。また、医療機器が何時でも安心して使用できるように保守・点検を行っており、安全性確保と有効性維持に貢献しています。

臨床工学技士の業務

呼吸治療業務
肺の機能が働かなくなり、呼吸が十分にできなくなった患者さんには呼吸を代行するための人工呼吸器という装置が装着されます。その際、臨床工学技士は人工呼吸器が稼働している場所へ行き、安全に装置が使用されているか、また、装置に異常がないかなどを確認します。また人工呼吸器のメンテナンス・管理等も行っています。
人工心肺業務
心臓手術の際、心臓や肺に代わる働きをする体外循環装置(人工心肺)を操作・管理します。その装置の周辺には多いときには数十台もの医療機器が同時に使われます。すべての機器の操作や使用前の点検などの仕事を臨床工学技士が受け持ちます。
手術室業務
手術室には、大小合わせて医療機器が数多く存在します。手術の内容により使用される機器は多種多様であり、手術が円滑かつ安全に行われるように臨床工学技士は、その手術室内の広範な医療機器の操作や事前の管理を行います。
心臓外科:人工心肺装置
脳外科:Brain Lab(ナビゲーションシステム)
消化器外科、呼吸器外科、婦人科、泌尿器外科:内視鏡、ダヴィンチ
眼科:眼科機器
手術機器:電気メス、超音波凝固装置、自己血回収装置
集中治療室業務 ICU
集中治療室では心臓や頭などの手術をした後の患者さんや、呼吸・循環・代謝な どの機能が急に悪くなり、命に関わる患者さんを収容して集中的に治療を行います。臨床工学技士は、人工呼吸器や持続的血液浄化装置などの生命維持管理装置の操作や管理を行います。
生命維持管理装置:人工呼吸器、血液浄化装置、補助循環装置
機器の操作・管理
心血管カテーテル業務
心臓カテーテル検査は心臓病の診断をするための検査方法であり、手術の適応、術式を決定する重要な検査です。臨床工学技士は検査一連の記録をするためにコンピュータを操作し、また検査室内にある装置の操作を行います。緊急時には補助循環装置やペースメーカーなどを操作することもあります。
高気圧酸素業務
高い気圧の環境下で酸素を吸入させることで、血液中の酸素を増やすのが高気圧酸素療法で、様々な疾患の治療に用いられます。臨床工学技士は、その装置の操作・管理を行います。
ペースメーカ/ICD業務
不整脈に苦しむ患者さんはペースメーカ(PM)、植込み型除細動器(ICD)といった機器を体に植込む手術を行います。臨床工学技士は、そのような機器を取り扱う場面で機器の管理や操作を行います。
医療機器管理業務
医療施設の様々な分野で使用される医療機器を、安全に使用できるようにまた、機器の性能が維持できるように保守・点検を行います。また医療機器の一括管理し、効率的で適切な運用ができるようにしています。
機器:使用前・使用後・定期の点検
定期点検:月1回、年1回など


—————————————
臨床工学技士国家試験
MEトップページ

参考

臨床工学技士の業務 | 臨床工学技士を目指す方へ | 公益社団法人 日本臨床工学技士会
臨床工学技士のシゴト | 臨床工学技士を目指す方へ | 公益社団法人 日本臨床工学技士会
■ MOVIE 1  いのちのエンジニア ― 臨床工学技士のシゴトを知っていますか? ―■ MOVIE 2 いのちのエンジニア ― 臨床工学技士の役割 ―、臨床工学技士の主な業務

コメント

タイトルとURLをコピーしました